スズキ クロスビーを買うとなると、発売から時間がたっていないにしても、少しでも安く買いたいですよね。

 

ここでは、そんなクロスビーの値引き相場と最安値で購入するヒントを紹介しておきましょう。

スズキ クロスビーの値引き相場

 

スズキ クロスビーは人気車ハスラーのコンセプトを勘案しながら、スズキが満を持して投入したSUVですから、値引きについては決して甘くはありません。

 

通常なら5万円が限度で、頑張っても10万円を超えるのは至難の業です。

 

もちろん15万円という極限ともいえる値引きを引き出したツワモノもいるようですが、常識的には12万円あたりが値引き限度額と言っていいでしょう。

 

でも、安心して下さい。

 

値引きの厳しいクロスビーでも安く購入する方法があります。

 

そのためには、優先順位を明確にして実践する必要があるのです。

 

なぜなら、大きな値引きが見込めない対策に多くの時間を費やしても効果は薄いからです。

 

「だから、値引き交渉するんでしょ!」

 

というお言葉が聞こえてきそうですが、実はこれは値引き効果の薄い方法なのです。

 

このように言うには理由が2つあります。

 

  • クロスビーは発売開始から期間が短い
  • クロスビーが人気車

 

だということ。

 

上記の2つの理由は、クロスビーの販売会社であるスズキ本社が販売ディーラーに値引き制限を厳命している事につながっているのです。

 

だから、競合車が増えて売上が下がったり、人気が下がるまでは無理して値引きを拡大する必要はないのです。無理して利益を減らす必要ないですからね。

 

値引きの厳しいクロスビーから最大限の値引きを引き出す方法はお伝えしますが、クロスビーを出来るだけ支払い額を少なくしたいのであれば、一番効果が見込めるのは次の方法です。

 

>>> クロスビー値引き最大化の秘策

 

どうでしたか?

 

上記を実践したうえでこれからご紹介する方法を実践すると値引き効果が高まります。

 

では、値引き交渉について見ていきましょう。

 

スズキ クロスビーの値引きを引き出すには

 

《ライバル車との競合》

 

スズキ クロスビーに限らず、大きな値引きを引き出すにはライバル車との競合は不可欠です。

 

クロスビーのライバル車といえば、まずはトール・ルーミー・タンク三姉妹でしょう。

他にもライバルとしてはイグニス、ソリオもありますし、軽自動車ではハスラーもありますが、あいにくすべてスズキ車です。

 

でも悲観することはありません。

 

スズキのディーラーは同一都道府県内にたくさんある場合が多いのです。

 

しかもこの場合、クロスビー同士の競合も可能だからです。

 

《決算期を狙う》

 

自動車会社は決算に向けて少しでも成績を伸ばしたいものですから、決算が近づくと販売奨励金等も増額されるといいます。

 

また、ディーラーも業績を上げたいものですし、営業担当も自分の成績を上げたくなるものです。

 

そんな理由で、決算期が近づくと値引き幅は大きくなるのです。

 

また、セールなどを開催した場合も値引き幅が拡大する傾向にあるようです。

 

ぜひ、こうしたタイミングを活かして交渉しましょう。

 

《短期決戦を狙う》

 

値引き交渉は短すぎてもいけませんが、長ければいいというものではありません。

向こうも無駄な労力はかけたくないのです。

 

だから、ある程度交渉が進んだら、自分の提示額を示して、この金額ならいますぐ契約するという勢いで値引き交渉をしましょう。

 

ディーラーに印鑑を持って出向くのがいいでしょう。

 

うまくすれば、今ここで契約してくれるならということで、店長決済がおりるはずです。

 

この場合、提示額でなければ契約しないという強い意志が重要です。

 

くれぐれもどうしても欲しいという気持ちがにじみ出ないように。

 

まとめ

 

発売されたばかりで人気もあるクロスビーを安く買おうと思ったら、いろんなディーラーに足を運ぶことです。

 

それが値引き拡大の近道ですし、うまくすればキャンセル物件を安く購入することができる等の場合もあるのです。ご検討をお祈りします。