投稿者:xbeenebikisouba
  • 比較
【クロスビー】悪路・豪雪地帯ではジムニーシエラが有利って本当?それとも・・・

2017年12月にクロスビーが発売され2 年近くが経ちました。

 

クロスビーですが2019年上期では13,852 台の販売台数がありますので人気のほどがわかります。

そして、今回の比較対象であるジムニーシエラが2018年7月にモデルチェンジされ大ヒットとなっています。

 

ジムニー、ジムニーシエラに関しては、人気がありすぎて現在では購入しても納車待ちの状態とも聞きます。

 

どちらもスズキから発売されている小型の SUV にあたる車両ですが、どこ辺りが違うのでしょう。

 

また、悪路走破性能が高いイメージのジムニーシエラですが、実際はどのような感じなのでしょう。

 

 

同じ SUV のクロスビーとジムニーシエラを比較して、それぞれの特徴を抑えながらどのような性能でどちらが優れ劣っているのかを詳しく調べていこうと思います。 この記事の続きを読む

クロスビーの荷室積載量の実力は?ロードバイク、ベビーカー、ゴルフバックは何個積める?

個性的なデザイン性、魅力的なボディカラー、男性からは「かっこいい!」、女性からは「可愛い!」と評判のクロスビーですが、パワフルな走り、コンパクトさと居住性の両立に満足しているユーザーも多いようです。

 

丸みのあるデザインにPOPなカラー、SUVの力強さも加わって、見ているだけでワクワクしてきます。発売当初は見た目がそっくりなため、「デカハスラー」などと呼ばれていました。

 

スズキ初となる排気量1000ccの直噴ターボエンジンとマイルドハイブリッドの組み合わせ車種で、2017年末の発売以来順調に販売台数を伸ばしている人気車種です。

 

SUVとワゴンのクロスオーバーということで多くの人の心をつかんでいるクロスビーですが、コンパクトカーのため、荷室の広さが気になっている人も多いのではないでしょうか。

 

今回はクロスビーの荷室の実力、使い勝手などを「ロードバイク」や「ゴルフバッグ」など、具体的な事例を挙げながらお伝えしていきます。 この記事の続きを読む

  • その他
【アウトドア】クロスビーでキャンプに役立つキャリア!ターフがあると車中泊も便利!

スキーにスノーボード、サーフィンにキャンプ…アウトドアやスポーツを楽しむ人も多いのではないでしょうか。アウトドアを楽しむ人にとって、車選びはとても重要です。

 

アクティブに趣味を楽しむ人は、車選びにSUVやミニバンを候補に挙げる人が多いと思います。

 

その中で今回はコンパクトカーでありながら、随所にアウトドアで活躍する工夫が凝らされているクロスビーをご紹介。4WDモデルも備え、その外観とパワフルな走りで、気になっている人も多いのではないでしょうか。

 

中でもアウトドアの代表ともいえるキャンプに絞ってお伝えしていきます。

 

コンパクトカーだけど、家族・友人同士でキャンプは行けるのか?荷物は積めたけど人間が乗れない…それでは意味がありません!!

 

何か工夫をすれば、3人以上でも快適にキャンプできるのか?そのあたりの疑問をつぶしていきます! この記事の続きを読む

  • その他
クロスビーの乗り心地は運転席と後部座席では違う?2WDと4WDでは?

SUZUKIクロスビーも発売されてから2年近くが経とうとしていますので街中でもよく見かけるようになりました。

 

また、発売から日数が経過していることもあって、ネット上でもメーカーだけの情報でなく購入者からの情報も多く見られるようになりました。

 

ここではそんなクロスビーの乗り心地についてたくさんの口コミからどのようなものなのかを調べていきたいと思います。 この記事の続きを読む