• その他
クロスビーの車中泊で快適に寝るにはフルフラットとベッドクッションが必須?

クロスビーのコンセプトは、SUVとアウトドアの融合です。

 

アウトドアといえば泊まりがけでキャンプに行くこともあると思います。

 

そこで気になるのが車中泊です。クロスビーで宿泊するという意味ですが、快適に寝ることはできるのでしょうか?

 

快適に寝ようと思ったら寝床をフルフラットになることや床からくる凹凸を吸収してくれるベッドクッションなどが必須だと考えます。

 

この記事では、クロスビーで車中泊をする場合に気になる部分についてお伝えしていきます。

 

 

そもそもクロスビーで車中泊は出来るの?

 

 

まず最初は、そもそもクロスビーで車中泊は出来るのかということを見て行きます。

 

クロスビーで車中泊が出来るか出来ないかでいえば、どのような車であっても可能です。

例え軽自動車であってもです。

 

ただ、快適かどうかっていうのは別の話です。

 

また、クロスビーで何泊するのか、何人なのかも重要になってきます。

 

 

クロスビーのシートを車中泊仕様にする動画

 

クロスビーで車中泊をするためには、クロスビーの車内を寝れる状態にしなくてはなりません。

 

具体的には、座席をたたむなりして人が横になれる状態を作り出さなければなりません。

 

クロスビーの車内を人が横になれる状態を実際にどのような作業で行うのかを動画で確認してみたいと思います。

 

 

後部座席と荷室をフルフラットにする動画

 

 

この動画はクロスビーの後部座席と荷室をフルフラットにする作業を説明してますが、作業自体はすごく簡単なのがわかります。そして、フラットなのが確認できます。

 

しかし、この動画では1列目のシートを全く触っていません。

 

となると、2列目と荷室だけでは横になるスペースが狭くなるため身長が160cm程度の人間しか眠れないでしょう。

 

やっぱり、ただでさえスペースに限りがあるクロスビーですので、1列目も畳む必要があります。

 

 

下記の画像を御覧ください。

この画像はクロスビーのシートアレンジ例としてホームページに掲載されている画像ですが、赤で囲んだ部分を御覧ください。

 

床面の凹凸がわからないのと、1列目と2列目の間にスペースがあるように見えます。しかし、1列目と2列目をつなげることで長い荷物を乗せるための空間は確保できています。

 

 

この画像を確認する限り、このスペースにマットを敷くなどすれば人間も寝ることは可能なようです。

 

次は、実際にクロスビーで車中泊することを考えてみます。

 

 

車中泊を1泊する場合

 

クロスビーで車中泊を一泊する場合を考えてみましょう。

 

クロスビーは、見た目以上に室内は広く作られています。

 

先程の画像では、1列目の背もたれを前に倒すことで床面のフラットを作っていますが、1列目と2列目の間に隙間が出来ています。

 

実は、1列目の背もたれを2列めに倒し、1列目と2列目の間の空間をなくすシートアレンジもあるのです。

 

下記の動画を御覧ください。

 

 

上記の動画では、2列目はそのままで1列目の背もたれを2列めに倒すレイアウトです。

 

動画の中での結論としては、レイアウトに限界があり車中泊に向いていないと結論づけています。

 

しかし、大柄の人でなければ無理をすれば1泊くらいは我慢出来るレベルだと考えます。でも2泊以上は厳しいと言わざる得ませんね。

 

ここまでお伝えしたのはシートレイアウトだけで車中泊仕様のレイアウトを模索しています。

 

ツールを使えばどうなのか気になるところです。

 

ツールを使えば2泊以上も可能なのではないかということを続けてお伝えしたいと思います。

 

 

車中泊を2泊以上する場合

 

クロスビーで車中泊を2泊以上する場合、床をフルフラットもしくは、それに近い状態を作り出すことが必須になってくると思います。

 

なぜなら、床になる部分は硬いためそのまま寝ると背中が痛くて夜中に目が覚めるからです。快適に寝ることなんて出来ないでしょう。

 

先ほどお伝えしたレイアウトでは、1列目と2列目の間にスペースが生まれたり、凹凸が生まれたりすることをお伝えしました。

 

この問題点を解決する方法はあります。

 

下記の画像をご覧ください。

 

 

この画像はクロスビーのアクセサリーとして販売されているベットクッションです。

 

この画像を見る限り、運転席側の先端は少し下に下がっていますが、この部分を除けば床面はフルフラット状態になっています。

 

おそらくベットクッションの下には凹凸やスペースがあると思いますが、ベットクッションを使うことでフラットな状態が作られています。

 

この状態が作り出せるのであれば、クロスビーで車中泊を2泊以上することもスペース的には不可能ではありません。

 

ここまでのことを含めてクロスビーで車中泊するために必要な条件について確認してみましょう。

 

 

クロスビーで車中泊するために必要な条件

 

ここまでお伝えしてきたことを含めて、クロスビーで車中泊するために必要な条件を考えてみました。大きくは次の二つになります。

 

 

  1. フルフラット対策
  2. 荷物対策

 

 

1.フルフラット対策

 

車中泊で快適に寝るための必要条件は寝床です。

 

更にいうと、快適に眠るためには床面が平になるフルフラットの状態を作り出すことが重要になってきます。

 

しかし、ここまでお伝えしてきたようにクロスビーのシートレイアウトだけではフルフラットの状態を作り出すのは困難です。

 

そこで、フルフラットの状態を作り出すための解決策となるのか次の二つのツールです。

 

 

  • ベットクッション
  • マット

 

 

ベットクッション

 

ベッドクッションは先ほどご覧いただいた画像そのものです。

 

平らなクッションを重ねてフルフラットの状態を作っているように見えますが、実は次のような形状をしたクッションなのです。

 

下記の画像は片側分の別途クッションを折り畳んだ画像です。

 

 

縦幅約540mm、横幅約620mmのマットが3枚、横幅約310mmのマットが3枚が1セットになっているようです。

 

クッションは段差があるので、先ほどご紹介した動画の中で出てきたような1列目と2列目にできた段差への対策にもなるようです。

 

ベッドクッションはベッドを作るためのクッションのため価格も34,560円とそれなりに高額です。

 

 

よく見ると1列目は少し下がっていますので完全なフルフラットが作られているわけではありません。凹凸が出来た部分にマットを入れ、その上にカバーをかけるというようなことです。

 

 

マット

 


【楽天市場】価格:7900円(税込、送料別)

 

 

マットはベッドクッションと比べると価格が安く、安価でフルフラットを作りたい場合には有効なツールとなります。また、安価に抑えたいのであれば床面には市販のヨガマットなどを使用すれば1000円程度で購入できますので安くあげることができます。

 

 

2.荷物対策とルーフボックスでキャンプ仕様に!

 

クロスビーで車中泊するには、荷物対策も重要です。

 

なぜなら、クロスビーの車体は小さいからです。

 

ここまで御覧頂いたのは人間が寝るスペースを確保する内容でした。

 

一人で車中泊するのであればなんとか荷物を置くスペースも各の出来るかと思いますが、2名以上となれば車内に荷物を置くスペースはありません。

 

ベッドクッションやマットだけでもそこそこのスペースが必要となります。

 

2名以上で車中泊する場合や2泊以上する場合は『ルーフボックス』または『ルーフラック』を装着することで解決出来ると考えます。

 

【ルーフボックス】

 

 

【ルーフラック】

 

 

いずれにしても数万円の投資は必要になりますが、頻繁に車中泊する場合やキャンプに行く場合には重宝するのではないでしょうか。

 

ちなみに、両方共に下記のようなベースキャリアが必要です。

 

【ベースキャリア】

 

 

ここまですれば、プチキャンプ仕様と呼んでもよいのではないでしょうか。

 

 

まとめ

 

この記事ではクロスビーの車中泊についてお伝えしました。

 

クロスビーの2列目と荷室であるラゲッジルームはフラットになるものの、そのまま寝るには固く、1列目も使う場合には通常ではフラットにはなりません。

 

クロスビーで快適に車中泊するには最低でもフルフラット状態を作り出す必要があり、そのためにはベッドクッションがあれば最適でしょう。

 

もし、予算的な問題がある場合にはマットで隙間を埋めるなどなるべく寝床がフラットに近づける方が快適に寝れるはずです。

 

そして、キャンプなどのアウトドアを楽しむのであればルーフボックスがあれば荷物を車外に移すことが出来るため車内全体を寝るスペースとすることが出来ます。

 

 

クロスビーを値引きに頼らず安く購入する方法

新車購入時、なるべく安く購入しようと考える時、
真っ先に思い浮かべるのは「値引き」ですね。

 

しかし、人気車種の値引きは厳しいのが現実。

 

ただ、他にも有効な手段があるのをご存知でしょうか?

 

これからご紹介する方法だと、
30万円程度の購入価格差は珍しくありません。

 

カラクリや対策を別記事で詳細に説明していますので
一度目を通してみておいて下さい。

 

>>> 詳細はこちらからご確認頂けます

 

 

>>  目次ページに戻る