クロスビーの色(カラー)選びで迷うし悩む~買って失敗・後悔しないためには!

 

クロスビーはカラーバリエーションが豊富で、発売当初は11色だったものが、段階的に新色が追加され、現在は13になりました。

 

カラーバリエーションが豊富なのは選ぶ楽しさがあるものの、いざ購入する段階になると、どの色(カラー)を選べば良いのか迷うし悩んでしまうと感じる方も多いのではないでしょうか?

 

クロスビーを購入するには2百万円前後の予算が必要となりますので、購入してから「失敗した!」と後悔したくないですね。

 

この記事では、クロスビーの色(カラー)選びで失敗せずに、購入後後悔しないための考え方をご紹介します。

 

カラーバリエーションは全13色でオプション扱いが多いのが特徴

 

クロスビーの色(カラー)は「モノトーン」「2トーン」「3トーン」の全部で13色とバリエーションが豊富で、自分好みの色を選ぶことが出来るのはメリットです。

 

 

カラーバリエーション(全13色)

 

トーン カラー名称 画像
モノトーン ピュアホワイトパール
スーパーブラックパール
タフカーキパールメタリック(新色)
プレミアムシルバーメタリック(新色)
2トーン ラッシュイエローメタリック
ホワイト2トーンルーフ
タフカーキパールメタリック
ブラック2トーンルーフ(新色)
バーニングレッドパールメタリックブラック2トーンルーフ(新色)
スピーディーブルーメタリックホワイト2トーンルーフ(新色)
キャラバンアイボリーパールメタリックホワイト2トーンルーフ
クラッシーブラウンメタリック
ホワイト2トーンルーフ
ピュアホワイトパールブラック2トーンルーフ
3トーン キャラバンアイボリーパールメタリック3トーンコーディネート
スーパーブラックパール 3トーンコーディネート

 

 

上記の中で次の5色が2020年10月のマイナーチェンジで追加された新色です。

 

  • タフカーキパールメタリック
  • プレミアムシルバーメタリック
  • スピーディーブルーメタリック ホワイト 2トーンルーフ
  • タフカーキパールメタリック ブラック 2トーンルーフ
  • バーニングレッドパールメタリック ブラック 2トーンルーフ

 

マイナーチェンジ前はグレードによってボディカラーの選択に制限がありましたが、マイナーチェンジ後は全てのグレードで選ぶことができます。

 

それにしても全13色は多いですね。

 

しかし、カラーバリエーションがこれほど多いと色選びが難しくなるというデメリットもあります。

 

そして、クロスビーの色は13色の内11色がオプション扱いなのです。

 

ということは、車体本体価格がコストアップになるということです。

 

こうなると、なおさら色選びが難しくなってしまいます。

 

また、クロスビーのボディーカラーは13色あるわけですが、シートカラーは2色のみで、次のようにシートカラーはボディーカラーによって決まっています。

 

ボディーカラーとシートカラーの組み合わせ

 

色名称 シートカラー ボディーカラー
カーキアクセント
アイボリーアクセント
その他 オプション:ブラックインテリアパッケージ HYBRID MZ のみ

 

「カーキアクセント」の方はタフカーキパールメタリック塗装車の専用シートカラーになっています。

 

それ以外は「IVORY」となっているようですね。

 

ラックススウェード&レザー調のシートはHYBRID MZのみにある「ブラックインテリアパッケージ」というオプションになっています。

 

ここまでの情報を基に、次はクロスビーの色選びを間違ったことで買って失敗したと後悔ぜずに済む色選びについて見ていきましょう。

 

 

クロスビーを買って失敗しない、後悔しないための色選び

 

クロスビーを買って失敗しない、後悔しないための色選びですが、『自分は何を大事にするのか』がポイントになります。「自分が」という部分が大事です。

 

色選びで悩まれている方の中にも、「色に強いこだわりがある」という方もいれば、「色にはそれほどこだわりがない」という方もいるでしょう。

 

「色に強いこだわりがある」という方にとっての色選びは重要です。自分好みの色を選ばずに購入した場合、のちに「後悔して、失敗した」と思う確率が高まります。

 

なぜなら、好きでもない色を200万円前後のお金を投じて購入したことになるのですから。

 

自分が好きな色があるのに違う色を選んだのですから、何らかの理由があったのでしょう。

 

その理由のひとつとして考えられるのが「リセールバリュー」です。

 

リセールバリューとは、購入した車(クロスビー)を売却する時の価値です。再販価値ともいいます。

 

例えば、クロスビーには黒色と黄色があり、いずれも購入価格は200万円だったとし、

購入後3年が経過してそれぞれが売却するとします。

 

黒色の買取価格170万円、黄色の買取価格が150万円だった場合、 黒色のリセールバリューは170万円、黄色のリセールバリューは150万円ということで、黒色と黄色のリセールバリューの間には20万円の差が生まれたことになります。

 

本当は黄色が好きなのにリセールバリューを考えて黒色を購入した場合、3年後に売却する時には黄色を選んだ時よりも20万円高く売却できるので20万円得したことになります。

 

しかし、売却までの3年間は好きでもない黒色のクロスビーを乗らなくてはいけないため、心理的な満足度は低くなることが予測されます。

 

まとめると、何を基準に選ぶかが重要だということです。

 

言い換えれば、満足度を最大限に高めるというよりも、後悔を最小限に抑える基準が重要だと思うのです。

 

 

後悔を最小限に抑える基準

 

基準としては次のようなものが考えられます。

 

  1. 好きな色
  2. リセールバリュー
  3. 手入れのしやすさ
  4. 色あせ
  5. エアコンの効き
  6. 他車からの視認性

 

それぞれを見てみましょう。

 

 

1.好きな色

 

好きな色は説明するまでもなく、購入されるご本人さんが好きな色のことです。

好きな色を選ぶことで心理的な満足度は高まります。

 

 

ただ、色によってはリセールバリューが下がる色もありますので、リセールバリューが気になるのであれば、好きな色の中でもなるべくリセールバリューが下がらない色を選択することが望まれます。

 

どのような色がリセールバリューが高いのかについては次の項目で説明します。

 

 

2.リセールバリュー

 

リセールバリューは既にお伝えした通り、車を売却する時の価値、すなわち再販価値を意味します。

 

 

特に好みの色がなく、車検ごとに車を乗り換えたり、2回目の車検で乗り換えるといった場合にはリセールバリューが高いもしくは低くない色を選択することが望まれます。

 

一般的にリセールバリューが高い色は「白系」と「黒系」になります。

 

白系に関しては、最近はパールホワイトなどパールが入った白系の色が人気があります。

 

クロスビーの2020年12月時点での平均買取相場は116万円~145万円となっています。(2019年式で走行距離が2万kmの場合、車両状態によっては異なってくる場合がある。)

 

2020年7月辺りから2020年10月までのクロスビーの買取査定を調べてみても「黒系」が目立ちました。

 

買取査定歴で「レッド」「オレンジ」「イエロー」などのカラーもあるにはありましたが、やはり「白系」と「黒系」と比較すると圧倒的に数が少ない傾向がありました。

 

「白系」と「黒系」については、車種に関係なく同様の傾向がありますので頭に入れておいた方が良いでしょう。

 

反対に、特定の車種に依存したイメージカラーなど、珍しい色はインパクトはあるものの、リセールバリューを下げる傾向にありますので注意が必要です。

 

 

3.手入れのしやすさ

 

 

手入れのしやすさについては、汚れが目立ちやすい色や傷が目立ちやすい色が対象になります。

 

例えば、リセールバリューの高い色として「黒系」を上げましたが「黒系」は汚れや傷が目立ちやすい色と言えます。

 

黒系の場合、屋外の未舗装駐車場に駐車する場合は特に注意が必要です。

 

埃がボディにこびりつき、少しの雨で固まり、固まった汚れでボディに傷が入りやすくなりますので、洗車にも気を使うことになります。

 

もし、屋外の未舗装駐車場が駐車場の場合には注意してください。

 

ボディに傷がつくことでリセールバリューが下がることも考えられますからね。

 

 

4.色あせ

 

色あせについては、駐車場が屋外の場合注意が必要です。

 

最近の車の塗装は強くなったと言っても、屋外で長時間駐車している車への太陽光による衝撃は強くなります。

 

思ったよりも太陽光の刺激は強く、まめに洗車してワックスをかけるなどのメンテナンスを怠ると数年後には塗装が剥げてくると言ったことも考えられます。

 

 

また、太陽光による刺激はボディだけに止まりません。モールやドア周辺のゴムにも大きな影響与えます。

 

筆者の体験談ですが、未舗装の屋外駐車場に車を駐車していたのですが、10年近く経つと運転席側の窓枠に設置されたゴムの強度が弱くなり、黒かったモールも白っぽくなるという経験をしています。

 

特に車を屋外に駐車しなければならない場合には、色褪せも考慮して色選びをした方が良いと考えます。

 

 

5.エアコンの効き

 

 

エアコンの効きについては、特に夏場に注意が必要で、白系の色と黒系の色の車では室内温度が大きく違います。

 

特に、夏場はただでさえ室内温度が高まりますが、黒系のボディ色の場合、太陽の熱を吸収しやすいので室内の温度が上がります。

 

室内温度が上がるということはエアコンの効きにも影響するため、室内温度を下げるためにエアコンのパワーが必要になり、エアコンのパワーが必要になるということはそれだけ燃費にも影響するということです。

 

もし燃費のことを気にされるのであれば、色選びの際には、エアコンの効きについても考慮しておいた方が良いでしょう。

 

 

6.視認性

 

 

視認性については、他の車や歩行者、自転車やバイクから自分の車が認識しやすいのか認識しにくいのかということを意味します。

 

クロスビーは色の組み合わせで全13色のカラーバリエーションがありますが、 黒系又はグレー系の色が3色あります。

 

特に黒系又はグレー系の色のボディーカラーの場合、夜間はただでさえ他車から自車が認識しづらくなるので事故を起こしたり巻き込まれたりする確率が高まります。

 

事故に巻き込まれたくない場合には視認性についても考慮した方が良いでしょう。

 

 

結論

 

1から6まで簡単に説明しましたが、中でも重要なのは次の2つです。

 

  • 好きな色
  • リセールバリュー

 

「好きな色」は「気持ち」、「リセールバリュー」は「お金」が基準ということになります。

 

クロスビーを購入後、長く乗るのであれば「好きな色」重視が良いでしょう。

 

特にこだわりのある好きな色がなかったり、クロスビーを購入後、3年、5年など比較的短期間で乗り換えるのであれば「リセールバリュー」重視が良いでしょう。

 

「リセールバリュー」重視の場合でも不人気色を選ばなければそれほど大きな下取り価格の差はありません。

 

次は、クロスビーの人気カラーを見てみましょう。

 

 

クロスビーの人気色は?

 

クロスビーの人気カラーですが、発売当初からは少し変わってきていています。

 

発売当初の人気色

 

  • ラッシュイエローメタリック ブラック2トーンルーフ
  • スピーディーブルーメタリック ブラック 2トーンルーフ
  • フレイムオレンジパールメタリック ブラック 2トーンルーフ

 

しかし、この3色の中から2色が変わってきてます。

 

 

最新の人気色

 

  • ラッシュイエローメタリック ブラック2トーンルーフ
  • キャラバンアイボリーパールメタリック ホワイト2トーンルーフ
  • ピュアホワイトパール

 

 

クロスビー発売当初は人気色に「スピーディーブルーメタリック ブラック 2トーンルーフ」と「フレイムオレンジパールメタリック ブラック 2トーンルーフ」が入っていましたが、現在は「ピュアホワイトパール」「キャラバンアイボリーパールメタリック ホワイト2トーンルーフ」が人気色となっています。

 

ピュアホワイトに関しては「白系」そのものの色です。

 

また、キャラバンアイボリーパールメタリック ホワイト2トーンルーフに関しては、スズキ車で人気の色ですね。同じスズキから発売されているラパンでもベージュやアイボリーといった色が人気です。

 

マイナーチェンジしてからのクロスビーの人気カラーの情報がまだ乏しいため、新色が追加されてからの売れ筋カラーは明確なデータがありませんが、タフカーキパールメタリックやタフカーキパールメタリック ブラック2トーンなどは他車種でも人気で採用されているカラーなので今後人気が出てきそうな気配はします。

 

 

 

ここまでクロスビーのカラーバリエーションと人気カラーについてご紹介してきました。

 

ただ、クロスビーのカラーは自分好みにコーディネート出来るよう様々なアクセサリーが発売されていますのでご紹介します。

 

 

カラーコーディネートを彩るアクセサリー

 

クロスビーのカラーコーディネートを彩るアクセサリーとして、大きく「デカールコーディネート」「カラーアクセント」「ホイールアクセント」の3つに分けて用意されています。

 

まずは、「デカールコーディネート」からみていきましょう。

 

 

デカールコーディネート

 

クロスビーに用意されている自分好みのクロスビーに変えるアクセサリーとしてデカールコーディネートがありますが、具体的には次の4つのパターンがが用意されています。

 

  • SPORT STYLE
  • URBAN STYLE
  • STREET STYLE
  • OUTDOOR STYLE

 

それそれのスタイルには目指すものがあります。

 

具体的には、次のようなものです。

 

「SPORT STYLE」には、「日常がもっとワクワクするスポーツスタイル」。

 

URBAN STYLE」には、「都会的でおしゃれなアーバンスタイル」。

 

STREET STYLE」には、「個性的で存在感のあるストリートスタイル」。

 

OUTDOORSTYLE」には、「自然に溶け込む、上質なアウトドアスタイル」。

 

各スタイルによって、少しづつ違うのですが、次のようなアクセサリーが用意されています。

 

  • ドアスプラッシュガードパネルデカール
  • フードデカール
  • ルーフデカール
  • ドアスプラッシュガードパネルセット
  • ホイールアクセント
  • バンパーガーニッシュ
  • フェンダーガーニッシュ

 

 

 

次は、「カラーアクセント」をみてみましょう。

 

 

カラーアクセント

 

カラーアクセントですが、クロスビーのワンポイントの色を変更するパーツになります。

 

 

 

カラーアクセントパーツは次の5種類となります。

 

  • バンパーアンダーガーニッシュ(22,605円)
  • ドアスプラッシュガードパネルセット(32,406円)
  • ルーフエンドスポイラー(35,475円)
  • ドアミラーカバー(16,445円)

 

どれも取り付けるだけで愛車の印象がガラッと変わるアイテムです。

 

次に「ホイールアクセント」を見てみます。

 

ホイールアクセント

 

 

通常、ホイールといえばスチールホイールかアルミホイール。

 

アルミホイールの場合だと、シルバーかブラックのカラーが定番です。

 

しかし、クロスビーでは一工夫するだけでボディーカラーと統一されたコーディネートが可能なパーツが用意されています。

 

それが、下記のパーツです。

 

 

 

 

 

 

 

5カ所ほどカラー塗装されたホイールになりますがインパクトが大きく、履かせるだけでスタイリッシュに見え、まさに足元からおしゃれを楽しんでいる感じがしますよね。

 

ワンポイントカラーは次の4色用意されています。

 

  • イエロー
  • レッド
  • ブルー
  • アイボリー

 

 

 

 

まとめ

 

この記事では、クロスビーの色(カラー)が多いことで色選びに迷い悩んだ末、買って失敗したと後悔しないための考え方をご紹介した上で、クロスビーの人気色、カラーバリーエーションを彩るアクセサリーについてご紹介しました。

 

いろいろとお伝えしましたが、クロスビーを長く乗られるのであれば『ご自身が好きな色』を選ぶことが一番失敗せず後悔が少ないと思います。

 

 

PS:

 

クロスビーには以前までは同排気量クラスではライバル車と言える車種が存在していませんでしたが、ダイハツ「ロッキー」やトヨタ「ライズ」などが発売され今まで独占していたポジションにライバル車が続々と出ています。

 

そんな中でのマイナーチェンジですから販売店からしても新しくなったクロスビーはイチオシな車種として販売していきたいはずです。

 

販売店側もそう簡単には値引きには応じてくれるとは思えません。

 

しかし、そんなクロスビーでも値引きに頼らずに限界値引きから更に安く購入する方法があります。

 

興味がありましたら↓↓にも目を通して見て下さい。

 

クロスビーを値引きに頼らず安く購入する方法

新車購入時、なるべく安く購入しようと考える時、
真っ先に思い浮かべるのは「値引き」ですね。

 

しかし、人気車種の値引きは厳しいのが現実。

 

ただ、他にも有効な手段があるのをご存知でしょうか?

 

これからご紹介する方法だと、
30万円程度の購入価格差は珍しくありません。

 

カラクリや対策を別記事で詳細に説明していますので
一度目を通してみておいて下さい。

 

>>> 詳細はこちらからご確認頂けます

 

 

>>  目次ページに戻る