クロスビーの積載量についてご紹介します。

 

個性的なデザイン性、魅力的なボディカラー、男性からは「かっこいい!」、女性からは「可愛い!」と評判のクロスビーですが、パワフルな走り、コンパクトさと居住性の両立に満足しているユーザーも多いようです。

 

丸みのあるデザインにPOPなカラー、SUVの力強さも加わって、見ているだけでワクワクしてきます。発売当初は見た目がそっくりなため、「デカハスラー」などと呼ばれていました。

 

スズキ初となる排気量1000ccの直噴ターボエンジンとマイルドハイブリッドの組み合わせ車種で、2017年末の発売以来順調に販売台数を伸ばしている人気車種です。

 

SUVとワゴンのクロスオーバーということで多くの人の心をつかんでいるクロスビーですが、コンパクトカーのため、荷室の広さが気になっている人も多いのではないでしょうか。

 

荷室が広くなることは当然積載量(荷室容量)も増えることにつながるので多くの荷物を積んで出かける機会が多い方にとっては気になるポイントでしょう。

 

今回はクロスビーの荷室の実力、使い勝手などを「ロードバイク」や「ゴルフバッグ」など、具体的な事例を挙げながらお伝えしていきます。

 

クロスビーの荷室積載量(容量)は?

 

クロスビーの荷室は、他社のコンパクトカーと比べると若干狭めで、荷室容量は203L、後席を収納すると520Lとなります。

 

後部座席を使用した場合の大体の荷室寸法が下表となります。

 

項目 クロスビー アクア フィット
荷室奥行き(mm) 約520 約720 約1020
荷室幅(mm) 約1,080 約1,090 約1020
荷室高(mm) 約890 約810 約880

 

広さを比較するためにアクアとフィットを並べてみました。

 

クロスビーはアクアやフィットと比べても特に奥行きが短く、そのまま使用するとあまり荷物を積めません。しかし、クロスビーの特徴のひとつである多彩なシートアレンジによって荷室の広さを変えることができます

 

 

後部座席を収納することによって広い荷室を作り出すことが可能で、後部座席を収納した時は奥行きが約1,490mmにまで広がります。

 

 

また、嬉しいことに大きな床下収納も備えています。

 

 

床下収納の容量

2WD 81L
4WD 37L

 

 

2WDと4WDでは、2WD の方が44リットルも荷室容量が多いので、どんな使い方をしたいかで選ぶと良いでしょう。

 

悪路に強いのは4WDですが、価格や車両重量は2WDに軍配が上がります。

 

後部座席を倒すと荷室が広がり、いろいろな物が積めそうですが、具体的にどんなものがどれくらい積めるのでしょうか。

 

次ではロードバイクを例に見ていきます。

 

ロードバイクは何台積める?後部座席を畳む必要は?

 

最近趣味のひとつとして、自転車に乗る人が増えています。筆者の祖父も80代ですが、趣味で自転車をやっています。

 

そのような人にとって、クルマに自転車が積めるかどうかは非常に重要です。一人はもちろん、夫婦や友人と連れ立って出かけるという人もいるでしょう。

 

クロスビーでは後部座席を倒すと前列に2名乗車しつつ、2台のロードバイクを積むことができます。ただし、前輪、または両輪外す必要があります

 

 

 

2台とも両輪を外せば残りの空間は広めになり、他の荷物(例えばテントやチェア等)を積むこともできそうです。

 

ただ、ロードバイクを固定するためにアクセサリーとして用意さているサイクルキャリアはあった方が良いでしょう。

 

 

街で見かけるルーフの上に自転車を載せなくても良いため、落下や天候の悪化の心配もありません。

 

一人の場合でも、積む際に楽なため前輪を外すのがおすすめです。

 

後席を倒せば荷室の奥行きが1400mm以上あるので、ほとんどの自転車を積むことができます。

 

ロードバイクは2台まで積めることが分かりましたが、もっと需要の高いベビーカーは積めるのでしょうか。

 

家族で車で出かける際、ベビーカーを載せるために都度後部座席を倒さなければならないのははっきり言って使い勝手が悪いです。

 

次ではベビーカーはどのように積むか見ていきましょう。

 

ベビーカーは積める?後部座席を畳む必要は?

 

実はクロスビーは子育て中のママにも優しい車です。

 

荷室が地上から見ると高さがあるので、そのままではベビーカーを積むのが難しそうに思えますが、実はベビーカーを横にすることなく、縦に積むことができます。

 

小さい子どもがいる家庭の場合、外出の際車にベビーカーを積んで移動することも多いと思います。

 

クロスビーはラゲッジボードを外せば、床下収納部分にすぽっとタイヤ部分を入れることが可能。ベビーカーを立てて収納することができるのでとても便利です。

 

 

また、ベビーカーのタイヤの汚れが気になる人にも安心です。なんと、この床下収納はプラスチック素材でできており、簡単に取り外しが可能。泥のついたものなども気兼ねなく積んで後から取り外して水洗いすることができます。

 

ロードバイクは2台、ベビーカーは立てて積載できることが分かりましたが、ゴルフバッグは何個積めるのでしょうか。次にゴルフバッグ積載の実力を見ていきましょう。

 

 

ゴルフバックは何個積める?

 

ゴルフバッグ、大きいですよね。クロスビーは軽ではありませんが、小型車なのでゴルフバッグをどのように積むのか、ゴルファーにとって気になるところです。

 

クロスビーはコンパクトカーでありながら、後部座席を倒すことなく横に積める「ゴルファーにも優しいクルマ」です。

 

 

クロスビーの内装担当者が大のゴルフ好きで、後部座席を倒さずゴルフバックを横に積めるようにこだわった、という逸話なんかもあります。

 

後部座席を前いっぱいまで引けば、後席を倒さずに9.5インチのゴルフバッグを横に収納することができます。

 

また、後席を倒せばゴルフバッグを2つ積むことができるので、運転席+助手席に人が乗り込み、後部座席にゴルフバッグを2つ積むことができます。

 

さらに、3名+ゴルフバッグ3つまでは載せることができます。前席に2名、後部座席の片側を倒して計3名乗車しつつ、ゴルフバッグを後席に重ねて3つまでは積むことができるでしょう。

 

多彩なシートアレンジが可能なため、コンパクトカーでありながら車種によってはセダンやSUVよりもゴルフバッグを積みやすくなっています。

 

さまざまなシートアレンジが可能で使い勝手の良いクロスビーですが、ラゲッジスペースの特徴は他にどんなものがあるのでしょうか。次にまとめてみました。

 

 

クロスビーのラゲッジスペースの特徴

 

  • クロスビーのラゲッジスペースのの特徴としては下記のようなものがあります。

 

  • 決して大きいわけではないが、荷室・ラゲッジスペースのアレンジが豊富!
  • 後席を倒すと荷室がフラットになる
  • 後席は左右別々にたたむことができる
  • 後席+助手席も倒すと2m近くの長尺物を積むことも可能!
  • 後部座席が前後にスライドするのでラゲッジスペースの奥行きを調整できる
  • 荷室側から後部座席を前後にスライドできる
  • 汚れに強い素材をラゲッジスペースの床面に採用(HYBRID MZは床面だけでなく、後席の背面にも防汚素材を使用)
  • 床下収納(サブトランク)が大きい
  • サブトランクはプラスチック素材で取り外し可能。掃除が簡単

また、荷室の他にも嬉しい収納スペースを携えています。

 

グレードによりますが、後部座席に折り畳み式シートバックテーブルがついていたり、ボトルホルダーやショッピングバッグをかけるフックがついていたりと、かゆいところに手が届く、そんな細やかな気配りが嬉しい車種です。

 

 

まとめ

 

アクティブに楽しむ人を想定し、様々な趣向が凝らされているクロスビー。

 

今回例に挙げたロードバイクやゴルフなどの他に、スノーボードやサーフボード、釣り竿などを積むのにも活躍しそうです。

 

荷室のアレンジが利き、濡れたり汚れたりしたものも気軽にガンガン詰め込めるようなつくりはアウトドアユーザーにとって非常に使いやすい車だと思います。

 

また、SUVのような外観からは、アウトドアユーザー向けと思われていますが、撥水加工がされているシートを備えていたり、室内空間の広さ、居住性などを見てみると、ファミリーにもやさしいコンパクトカーと言えそうです。

 

気になっている人は一度試乗して、クロスビーの良さを体感してみましょう!

 

クロスビー 値引き最大化の秘策

 

車の価格は年々高くなっており、軽自動車でも150万円以上する車が珍しくない時代です。

 

だからこそ、車は出来るだけ安く車を購入したいですね。

 

「車を安く購入する方法」といえば、一昔前は間違いなく「値引き」でしたが、現在は「愛車の売却先の方が重要」になってきています。

 

理由は、同じ車であっても「愛車の売却先」によって買取価格は異なり、売却先による価格差が50万円など数十万円の価格差が出ることも珍しくないからです。

 

だから、愛車の売却は競争のない下取りに出さず、競争のある「一括査定」を使って一番高い査定業者に売ろうと言わています。

 

ただ、一括査定を使うと高値で売却できる確率が高まるものの「事前に知っていれば利用しなかった」という意見があることや一括査定といっても複数のタイプがあり、特徴や注意点が違うことをご存知でしょうか?

 

一括査定には向き・不向きがあるので、自分に向いているサービスなのかを良く確認しておく必要があり、一括査定の欠点を補うようなサービスとして「車買取オークション」というサービスについても知っておいた方が良いでしょう。

 

ハッキリ言って、「価格交渉が苦手」であったり「買取業者とのやり取りに時間が取れない」という方には、一括査定は向いておらず車買取オークションの方が向いています

 

下記で車買取オークションの詳細や向いている理由等についても説明していますので御覧になってみてください。

 

>> 車買取オークションの仕組み・特徴・注意点・対策

 

一方で、「愛車を高値で売るためだったら交渉もするし時間も確保できる」という方は一括査定が向いています

 

下記で一括査定について特徴、注意点、選び方、活用事例について詳細に説明していますので御覧ください。

 

>> 一括査定の特徴、注意点、選び方、活用実事例の詳細